3月 20
2019

髭の脱毛で、麻酔以外に痛い思いを和らげる方法は?

髭脱毛での痛い思いを少しでも和らげたい人へのキーワードは、「保湿」、「冷やす」、「出力調整」、「麻酔」の4つです。

以下にお話ししておきます。

⬛脱毛前からの保湿習慣と期間中の冷却習慣。

髭の脱毛で、痛い思いを少しでも和らげる方法はいくつかあります。

1つめは脱毛前から保湿習慣をつけて、肌そのものを大事に扱うことです。

洗顔習慣も同じです。

洗顔と保湿はセットで考えるべきです。

≫≫気になる記事:男性のスキンケア「月1,000円以内」が6割

2つめは照射した患部を冷やすことです。

クリニックで医療レーザーを受けると、医師がそうした処置を行なってくれます。

それと同じことを自宅に帰ってからも行なってください。

■その都度冷やしてダメージを収束させておく。

レーザーによる熱で髭の毛乳頭組織は焼き切られ、肌の細胞は傷ついた状態にあります。

施術の時に痛いと感じたことが、クリニックを出てからもつづくことがあります。

肌へのダメージはそう簡単に沈静化するものではありません。

冷やすことで毛根内部の熱を沈静化し痛みは和らぎます。

レーザー照射を繰り返し行なっていけば、そのダメージは少なからず蓄積されていきます。

その都度きちんと冷やすことで、肌へのリスク、痛い思いの和らぎ、火傷(やけど)リスクからの回避が可能になります。

■3つめの方法はレーザーの出力を弱めてもらうことです。

それでもガマンできなければ麻酔を使ってもらいましょう。

最新の医療レーザーマシンであれば、肌の冷却装置や出力調整機能は標準装備されています。

痛いと感じる度合いは、その日の肌コンディションやメンタル的なもの(ストレス度合い)によって変わってきます。

調整を遠慮したり恥ずかしがったりする必要はありません。

This entry was posted in 髭の脱毛で痛みを和らげるには. Bookmark the permalink.

Comments are closed.