まとまったお金を借り入れるローン商品にはいろいろあります。

比較的大きなお金を借りたい場合は不動産担保ローンがあります。

これはその名の通り、建物や土地などの不動産を担保にローンを組むというものです。

この不動産担保ローンには様々なメリットがあると言われています。

今回はその【不動産担保ローンの有利な点】について迫ります。

■不動産担保ローンを利用する時には審査があります。

担保になる不動産の評価額や返済能力を審査されて融資金額や金利・返済期間を設定されます。

個人事業主向けや法人向けと区分されている場合もあります。

基本的に目的は自由です。

無担保の融資よりもメリットが多いので人気になっています。

■不動産担保ローンの有利な点とは?

1番目は借入金額が大きいことです。

不動産の担保価値によっても異なります。

億単位の融資を受けることもできます。

巨額な資金が必要である場合も信用力があれば利用できます。

2番目は低金利で利用できることです。

無担保ローンは担保がない代わりに金利が高いです。

不動産担保ローンの場合は不動産という確実な担保が抵当権を設定できます。

銀行やノンバンクなどの金融業者にとってリスクが低くなります。

だから低金利で融資ができます。

3番目は返済期間が長いことです。

まとまった大金の資金を借り入れしても長期間の返済期間を設定できます。

運転資金に余裕ができます。

4番目は原則的に保証人が要らないことです。

持っている不動産に抵当権が設定されます。

法人貸付の場合に代表者が連帯保証人になることはあるでしょう。

法人の場合は例外で個人事業主の場合は第三者の保証人は不要です。

5番目はおまとめローンとして利用できることです。

変動金利で不利なローンがあれば、複数の借り入れを不動産担保ローンに一本化することができます。