髭の脱毛はやっぱり痛い?痛くならない施術法や手段は?

髭の脱毛をするのなら、痛いより痛くないほうを選びたいのは誰でも同じです。

しかし残念なことに施術法を変えても痛みに大きな違いはありません。

⬛“脱毛は痛いか”を気にしている男子は意外に多い。

髭を脱毛するに当たって、“痛いか痛くないか”を気にしている男子は意外と多いようです。

ある調査では、髭の脱毛に関する心配事の上位には、「痛いと聞いて脱毛を考え直している」とか、「痛くない施術法を探している」といった回答が入り、その関心の大きさが話題にもなっています。

医療脱毛が痛いのなら美容サロン系でもいいという意見もありますが、残念ながらサロンで脱毛を受けても結果は同じです。

■痛いのはどれもほぼ同じ。

施術時間の長短が決め手。

脱毛の方法には、出力が強く1回の施術時間が短くてすむ医療レーザーと、出力の弱いサロン系のレーザー脱毛、それにレーザーではなく電気針を使って行なうニードル脱毛の3種類があります。

しかし痛みが少ないのも短時間ですむのも医療レーザーであり、美容系のサロンで行なう脱毛は、痛みはほぼ同じで時間は医療レーザーより長くかかります。

つまり“痛い時間が長引くだけなのがサロンでのレーザー脱毛”と解釈できます。

■髭の脱毛に限らず、体毛を脱毛するのに痛くない方法などありません。

医療機関の脱毛であれば麻酔を処置してくれるのが救いです。

身体への影響が少なく、脱毛する髭のエリアにのみすり込んで使うのが塗布型の麻酔薬です。

いまのところ“痛い脱毛から逃れる手段”は麻酔しかありません。

よほどのことがない限り、医師に申し出れば麻酔を使ってくれます。

☆痛みの軽減に努めるクリニックを選ぼう⇒ひげ(髭)の永久脱毛なら、強力医療レーザー・ゴリラ脱毛 | 分割OK。月々3,000円|東京、横浜、名古屋、大阪、福岡

Comments are closed.